TOP> アジアアロワナの飼育の特徴

アジアアロワナの飼育の特徴

日本では、現在5種類のアロワナを飼育することが出来ます。
・シルバーアロワナ
・ブラックアロワナ
・スポッテッドバラムンディ
・ノーザンバラムンディ
・アジアアロワナ
以上の5種類です。中でも、アジアアロワナは美しく、種類もほうふなのでとても人気があります。

アジアアロワナは他のアロワナと比べて身体が硬いという特徴があります。そのため、通常の水槽では泳ぎまわることが出来なくなることがあるので、アジアアロワナを飼育する際は、水槽の奥行きに注意しなければなりません。しかし、成長することを見越し、最初から大きな水槽に入れることは現金です。水槽が大きすぎるとアロワナがうまく縄張りを作ることが出来ずに、ストレスの原因になるので、できれば最初はアロワナの大きさにあ合わせた水槽で飼育を始め、成長に合わせて水槽も大きくしていくことがベストです。

アロワナは光によって上下を把握していると言われています。観賞魚として照明を当てることもあると思いますが、水槽によっては照明の光を反射し、目垂れを起こしてしまう可能性があります。水槽を光の反射を抑えたものにし、アロワナが落ち着いて生活できる環境を整えることも重要です。

アロワナが快適に生きるための環境づくりは多少手間のかかることですが、もともと大きな古代魚なので、大きく育つ姿は迫力があります。わからないことは専門店などで聞くことができるので、丁寧に育てましょう。