TOP> アロワナの飼い方:アロワナの飼育環境

アロワナの飼育環境

アロワナの飼育方法は初心者でも買うことのできる魚ですが、アロワナが暮らす環境はしっかり整えてあげることが大切です。

まず、水槽内の環境を整えましょう。
水槽は大きければ大きいほどアロワナの飼育に適しています。アロワナは体調およそ70cmまで成長します。70cmのアロワナがストレスなく泳ぎ回ることができるほどおおきな水槽が理想です。
また、必ず濾過槽を設置しましょう。濾過槽とは、魚が水槽の中で生活するための生命維持装置のようなもので、バクテリアの力で自然に魚の住める水を作ります。
濾過槽には様々な対応があるので、飼育するアロワナの種類に適した濾過槽を使用することをおすすめします。

次に注意する点は水槽内の水温です。
アロワナは熱帯魚の仲間なので、水温を28℃~30℃に保つ必要があります。そのため、水槽にはヒーターを取り付けましょう。
ヒーターも、サーモヒーターを使えば水温が低くなってくると自動でヒーターをオンにし、水温が達すると自然とオフになります。面倒な水温管理を自動で行ってくれるので、飼育初心者にはうってつけです。

用意ができた水槽にアロワナを入れるときにも注意すべきことが有ります。
水合わせです。水合わせとは、アロワナが入っていた水と水槽の水を混ぜることです。
アロワナが入っていた水を水槽に少しずつ間隔を開けてませていきます。
突然水槽の中にアロワナを入れてしまうと水が合わず、死んでしまったり。大きなストレスを与えてしまう原因になるので水合わせは一番な大切の工程と言っても過言ではありません。
また、飼育者に多いのが餌を与えすぎてしまうということです。魚も肥満になります。肥満は他の病気にかかりやすくなってしまうので、いくら可愛いからといって餌を与え過ぎないよう意識することが大切です。

以上の注意点をしっかり守れば、アロワナの飼育もうまく出来るでしょう。