TOP> アロワナの飼い方:アロワナの餌

アロワナの餌

アロワナを飼育する際、避けて通れないのが餌やりです。飼育している以上、餌を与えなければなりません。そこで、アロワナが元気に育つにはどんな餌を与えたらいいのか、紹介します。

アロワナはエビやカニなどの甲殻類や、コオロギやワームなどの昆虫類、人工飼料など、食に関しては幅広いです。その中でも、種類によって好き嫌いがあるので、食通です。アロワナの餌は主に3種類に分けることができます。魚の切り身や、小さなエビなどを凍らせた、冷凍エサ、人工飼料・乾燥試料、コオロギなどの活き餌です。

〈冷凍エサ〉
魚の切り身/小魚/エビ/牛肉等の肉類
冷凍エサに対する好き嫌いはとてもはっきりしていて、赤系のアロワナは川エビなどが好きです。また、過背金龍は牛肉等の肉類を好む傾向があるようです。

〈人工飼料・乾燥飼料〉
アロワナフード/亀のエサ/キャットフード
人工のエサはとにかく飼い主にとって便利なものです。食通のアロワナにとっては好まない種類もいるかもしれませんが、栄養のバランスを取るためにも、人工飼料を取り入れる必要があります。

〈活き餌〉
コオロギ/ワーム/ザリガニ
活き餌には様々な種類があり、専門店でも取り扱いが多いです。しかし、活き餌は寄生虫の心配や、エサの管理に手間がかかるので注意が必要です。

エサは、人間のように1日3食も必要ありません。1回に与える量も考える必要があります。アロワナを大きく育てたいがために、エサを多く与えることがありますが、水槽の限られた空間にいる限り、多くのエサはアロワナを早死させてしまう可能性があります。順序良く少しずつ育てていきましょう。