TOP> アロワナの飼い方:アロワナの基礎知識

アロワナの基礎知識

アロワナを初めて飼育しようとしている方のためにアロワナの基礎知識について簡単に紹介していこうと思います。

アロワナは大きく分けて5種類で、交配種を含めるともっと多くの種類がいます。どれも20年から30年生きる長寿の魚で、アロワナは過程で飼育できる唯一の古代魚です。

アロワナをお店で選ぶときの注意点があります。
・元気かどうか
お店の水槽で元気に泳いでいる、捕食しているかどうかです。元気な個体は生命力があるので自分の家で飼育する際、環境が変わってもすぐに順応します。アロワナは比較的飼育しやすい魚ですが、熱帯魚なので水温など、細かく調節する必要があります。

・単独で悠然と泳いでいるか
アロワナはもともと群れで生活する魚ではありません。単体で泳いでいるのが普通なのです。普通は飼育しやすさに影響します。アロワナも個体それぞれに性格や癖があります。その性格や癖も味があっていいのですが、そのせいで飼育しづらいこともあります。例えば極度に怯える、尾を噛む、じっとしていてめったに動かないなどです。性格によってはストレスがかかり、環境のちょっとした変化に対応できず病気になったり、最悪死んでしまうことがあります。

・飼いきれなくなったら
アロワナは長寿だと分かっているので、飼育する際は生涯飼育を前提としていますが、突然どうしても飼育できなくなることもあります。しかし、飼育できなくなったからといって近くの川に放流するなんてことはしないでください。川の生態系が崩れるおそれがある他、アロワナは熱帯魚なので日本の川で生き残れない可能性があります。また、アロワナは特別に指定されている魚なので、飼育する際、登録が必要です。捨てたらすぐに分かってしまいます。地域によっては飼育できなくなった魚を引き取ってくれるところもありますし、アロワナを飼育する際登録したものを変更すれば、人に引き渡すことも出来ます。

古代魚を飼育できるなんてロマンがあります。ですが、いきものであるとしっかり認識して愛情を注いで飼育してください。