TOP> アロワナの生息地

アロワナの生息地

アロワナは、世界各地に生息している古代魚の一種です。日本では、観賞用の魚として飼育が可能です。現在では、南米大陸、オーストラリア大陸、ニューギニア島、東南アジア、アフリカ大陸のみに生息しており、種類によっては絶滅が危惧されています。

アロワナにはそれぞれ種類があり、個体によって繁殖方法が確立されていたり、反対に繁殖が難しい個体もいます。日本でよく目にするアロワは、アジアアロワナといい、体の色や体格によって6種類ほどに分類されます。

アロワナは淡水魚で、過程で飼育する際は、熱帯魚として水温を高く保つ必要があります。水温はおよそ30℃前後に保つのが理想です。また、体も大きくなるので水槽は大きめのものを使用しましょう、アロワナは、運動量が多い魚です。小さい水槽に入れておくと、水槽から飛び出てしまうことがあります。専用の蓋がついた水槽もあるので、アロワナの飼育を考えている人は、種類によってどんな飼育方法がいいのか、適した水槽はどのくらいか、お店の人に聞いてから飼育することをおすすめします。

アロワナは説明した通り、熱帯魚です。水温には十分注意しましょう。日本では、真夏には35度を超える猛暑日が続きますが、厚さに強いアロワナは水温が30℃を超えるくらいがちょうどいいです。しかし、寒さには弱いので、冬などはヒーターを使って水温を高く保つ必要があります。27℃くらいの水温では、元気がなくなってくるので、鑑賞するだけでなく、アロワナの調子を日々観察することも重要です。